スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--


相棒

先日、東京を駆けずり回った。
新しい相棒、アコースティックギターを探し求めて。

土曜の朝、俺は池袋に居た。
今日一日で、見つかるだろうかとの不安に駆られながら。

リストアップした店、15店舗。
リストアップしてるギター、30本。
そのほとんどが、あるブランドの70年代のギターだ。
当然そこまで調べるのも、相当に時間がかかったが、
インターネットの力は凄い。

11時の開店と同時に、池袋の一件目の楽器屋に突入!
ジャンボサイズののメイプル・サイドバックモデルと、
ドレッドノートのローズ・サイドバックモデルの二本を弾く。

そのブランドのオールドは、仙台の店にはない。
そもそもオールドを置いている店がないのだが...。

初めて弾く、そのブランドの70年代。
ん~、いい感じだ!
質はそれぞれ違うが、共にワイルドさもあり、パワーもある。
そのブランド選んだのに、間違いはなかったようだ。

とにかく欲しい音を見つけ、モデルを絞っていかなければ、
一日では、間に合わないであろう。

次の店に向かう。
80年代のドレッドノートのローズバックのトップモデルだ。
全然悪くないが、上品過ぎてピンと来ない。

とにかく、どんどん弾き倒していくしかない。
池袋、新大久保、渋谷を回って5店舗8本程をひいた。
ここでドレットノートのモデルを排除することが出来た。

目指すは、ジャンボボディー。
問題は、メイプルバックか、ローズバックか。
そして、こいつだ!と思う一本に会えるかだ。

時計はもう、16時を回ろうとしている。
ほとんどの楽器屋が20時に閉店する。
残すはお茶の水。
相当に店がある。
ジャンボボディーの在庫も豊富だ。

新大久保の2本が気になっていて、
HOLDしようかと悩んだが、
とにかく片っ端から、弾いてった。
何気に覗いた店にもあったりして。それも弾いた。

お茶の水の店を回り切り、
15店舗、18本(多分それくらい)を弾き切った。

低音は最高だが、高音弦がどうにも鳴らないもの。
全くどうにも鳴らないもの(死んでいるとしか思えない)。
見ただけで、引き気もおきないもの。
調整は完璧なのに、つまらないもの。
かなり良いけど、ピンと来ないもの。
いい具合に枯れていて、音も最高だが、
後は下っていくだけの伸びしろのないもの。

ほぼ同年代に、同じ工場で作られているのに、
こうも違うのかと。
それぞれのギターが、30数年をどう生きて来たかが、
如実にあらわれているように思う。

俺は戻った、最後から二番目の店。
その日行った中では、小さな店だ。

もう一度弾いた。
ん~、だいぶ予算オーバーだ。
先日売ったGIBSON ES-125TCD(65')のお金に、
定額給付金をたしても足りなかった。

でも、思ったんだ。
『こいつを連れて帰らなきゃ!』

そいつの為に、俺は財布をだした。
そいつを抱え、その店を出た。
時計を見たら、その店の閉店時間だった。

ここで、俺の相棒を紹介しよう!
GUILD F-50R  1977年製

1920_1.jpg
1920_2.jpg

17インチのジャンボボディー、ローズウッドのサイド&バック。
エボニーのフレットボード&ブリッジ。
GUILDの正真正銘トップモデルだ。

アメリカは、ロードアイランド・ウェスタリーで、
1977年に生まれた20242本(エレキも含む)の中の一本だ。

年代の割に、引き込まれていない、綺麗な奴だ。
まだまだ、伸びしろがある。
若干の癖があるのは、分かっている。
俺の色に、染めていこう。
いや、共に影響し合いながら、成長していこうと思う。

とてつもなく重いハードケースに入った相棒を抱え、
ホテルに戻った。
腕はパンパンだし、足は重く棒になっていたが、
心は、軽やかだった。

帰って来た。
連れて帰って来た。
暫くはそいつの為に、節約をせねばならない。

だから、俺を飲みに誘う奴は、おごるつもりで誘ってくれ(笑)

スポンサーサイト

2009/06/23


オニュー!

先日手に入れた新しいチューナーです。
あくまでステージとスタジオ用です。
(オクターブ調整は厳しそうなので…)

最近ライブやスタジオで、視力が落ちたのか、
チューナーを見間違えて、半音違ってたなんて事があり、
(ハーモニカ吹きながら、なおした事も有り:笑)
表示のでかいモノをと思い、購入!

トゥルーバイパスなので、チューニング用のAB BOXもはずせて足下すっきり!

精度の方は、よく分かりませんが、
これで、チューニングを間違う事はないであろう。(多分…)pw-ct-04

2007/05/30


どうなる?GIBSON!

久々にチェックしたら、こんな事↓になってた....。
http://www.gibson.jp/

代理店が変わって値上がりか?
J-200、安くならんかな~。

2007/01/30


お帰りッ!

俺のPEAVEYが帰って来たぜ!
いや~、元気です
ホンダサウンドワークスの本多さん、
ありがとうございました!!!

音も締まった感じです。
TUBEの選定かな?
相当な回数のマッチングテストしてくれたらしい。
JJ(ECC83)、Sovtek(EL84)万歳だ!
GR○○VE TUBEは、供給は安定しているが、
品質は…、という話を聞いていたからね。
あの仰々しいマークがすかん。
まあ、付けた事もないし、付けたらアンプの外からは見えんのだが...。
THE GROOVERSは好きだよ(笑)

新しいスピーカーケーブルもいいね!
(BELDEN #9497 ウミヘビってやつね)
前に出てくる感じ。

イコライザーのMXR M-108も、B○SSより全然いい。
値段を見れば、当たり前か...?
何たってB○SSのペダルを、ボードから追放出来たのが、
嬉しいね!
嫌いなんだ、電子スイッチはどうも信用出来ねえ!
電源抜けたら、音でないし…。
男は黙って、ガチャンと機械スイッチですよ(笑)

まあ、大分痛い出費になりましたが、
これで、今年はがっちりライブが出来そうです。
近日中に、ライブ決定の報告が出来るといいと思っております!
メンバー、奔走中
しばし、お待ちを!

なんかテンションの高い、オール主観のアホな日記になってしまった...。
反省..................。

2007/01/27


初スタジオ

今年のスタジオワークが始まった。

ギターケーブル、スピーカーケーブルを新調。
ブースターに使ってるイコライザーもずっと欲しかったモノに変えた。
年末にブッ飛んだマイマイクも買い換え(同モデル)、
ノリノリでスタジオに乗り込むはずだった...。

しかし、大事なモノがない。
そう!俺のギターアンプが入院中なのだ!
年末に東京の某Shopに入院したのだ。
大病ではないのだが、ちょいと嫌な咳がでるって感じだろうか。

まあ、間に合わないのはわかっていたのだが、
実に寂しいもんだ。

スタジオに行き、仕方なくハーモニカ用使っているPeterson P100Gにプラグイン!
ダメだ!あまりに違いすぎる!(俺のギターに合わない事は分かっていたが…)
あげくにポットというポットにガリが出ている。
ハーモニカのセッティングになっていて、ほとんど動かしてなかったせいであろう。
1番重病なのはこいつだったか!すまんm(_ _)m

というわけで、またもや仕方なくスタジオの別のアンプに...。
嫌いなマーシャルを避け、ローランドのJCに。

えっ、JCってこんなんだったの?
ツカエネエ~~!(俺の主観ね)
どうにもなんねえ~。

タカにオーバードライブペダルを借りて、なんとかプレー開始。

でも酷すぎ!(タカのパダルは悪くない)
マーシャルにしとけばよかったかな~?
早く帰って来い!、俺のPEAVEY!

キツ~イ初スタジオになりましたが、
これも今年いっぱいライブをやるためには仕方ない!

メンバー、迷惑かけましたm(_ _)m
PEAVEY CLASSIC 50.jpg

2007/01/12


ファイアバードの弦のゲージを、
変えてみた。

MAINのレスポール・スペシャルは、
GHSブーマーズの11~50だが、

SUBのファイアバード(ノンリバ)は、
GHS PROGRESSIVES の10~52に。
どうやらこっちの方がブライトらしい。

まだ、張ってもいないのだが。
どう変わるか楽しみだ。


あと、トーン用のコンデンサも変えたいと思っている。
今付けてるのは、オレンジドロップの418Pだ。
あまりしっくりこない、これはFENDER向きか?
やはりビタミンQ(NOS 200V)かなあ?

こんな事を書いても誰もわからんだろう。
それでいいのだ。

2005/11/24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。